RSS | ATOM | SEARCH
平成29年度地域啓発事業を開催しました

5月7日(日)、ケアセンターあさひにて、
今年度の地域啓発事業として学習会を開催しました。

『介護技術の向上講座』というテーマで、
医療生協かながわ生活協同組合戸塚病院 理学療法士の
坂口裕次郎さんにお話と実技の指導をして頂きました。

 

 

例え話を使って、とてもわかりやすく楽しく説明して頂き、
一般的な対応方法と共に、業務で困っている事例への
具体的な対応方法も教えて頂きました。

 

 

介護は毎日続く事なので、いかに自分の体を壊さずに
続ける事が出来るかが肝心で、被介護者さんの力を
最大限に借り、見た目の良さより、より実用的な介護方法
が大切という事を学びました。

 

 

 

 

そして最後の手段は腹圧びっくりマーク
日頃から腹式呼吸、つま先立ち、腹圧を鍛えて
故障しにくい体を作る事が、介護を続ける秘訣であり、
自分自身の健康を保つ秘訣でもあるそうです。

 

日頃、時間に追われ、全て自分の力で介護してしまって
いましたが、ゆっくりでも利用者さんの力を借りる事で、
自分達の負担も減り、利用者さんのリハビリにもなる
との事。
これからは少しゆとりを持って、接していきたいと
思いました感謝

 

さて、明日もワークは続きますびっくりマーク
お腹に力を入れて、励みたいと思いますびっくりマーク

 



管理者:carryjoy, カテゴリー:お知らせ, 21:01
コメント:-,トラックバック: -
スポンサーサイト


管理者:スポンサードリンク, カテゴリー:-, 21:01
コメント:-,トラックバック: -